東京大学地震研究所 地震予知研究センター

  • 東京大学地震研究所
  • 地震・火山噴火 予知研究協議会
  • 東京大学

山野 誠

山野 誠
【職名】
教授
【専門】 
地球熱学、テクトニクス

【学歴】
1980年 東京大学理学部地球物理学科 卒業
1982年 東京大学大学院理学系研究科地球物理学専攻 修士課程 終了
1985年 東京大学大学院理学系研究科地球物理学専攻 博士課程 単位取得退学


【職歴】
1986年-1995年 東京大学地震研究所 助手
1995年-2007年 東京大学地震研究所 助教授
2007年-2017年 東京大学地震研究所 准教授
2017年-現在 東京大学地震研究所 教授

研究内容

日本列島を始めとする各地の沈み込み帯について、地下温度構造と熱輸送過程に関する研究を行っている。
岩石の物理的・化学的な性質は温度によって大きく変化する。このため、沈み込み帯における諸過程(地震活動、地殻の変形・流動、火成活動、変成作用等)は温度構造と密接に関係しており、例えばプレート境界で発生する巨大地震の震源域の広がりも、温度に強く支配されると考えられる。
現在の主な研究対象は、日本海溝(東北日本)及び南海トラフ(西南日本)沈み込み帯であり、海域を中心とした熱流量(地表面から流出する熱量)の測定と、それに基づく地下温度構造の推定を行っている。なかでも、日本海溝海側の太平洋プレート上や南海トラフにおける熱流量分布と、沈み込む海洋地殻の構造の関係に着目して研究を進めている。いずれの地域でも、地殻内の流体循環による熱輸送が重要と考えられ、観測に加えて、流体流動を考慮したモデル計算を行うことで、地震発生帯の温度構造を解明しようとしている。間隙流体や温度構造の研究には、他の手法による情報も必要であり、電磁気や地震波による構造探査等の研究者と共同研究を行っている。さらに、海洋地殻の破砕や水の浸入など、海溝海側で生じるさまざまな過程とその沈み込み境界への影響について、岩石学・地球化学等も含むより総合的な研究を始めつつある。

主要論文・著書
山野誠・川田佳史, 海溝近傍の熱流量異常—海洋地殻内の流体循環による熱輸送—, 地学雑誌, 126, 147-161, 2017.

Yamano, M., Hamamoto, H., Kawada, Y., and Goto, S., Heat flow anomaly on the seaward side of the Japan Trench associated with deformation of the incoming Pacific plate, Earth Planet. Sci. Lett., 407, 196-204, 2014.

Yamano, M., Kawada, Y., and Hamamoto, H., Heat flow survey in the vicinity of the branches of the megasplay fault in the Nankai accretionary prism, Earth Planets Space, 66:126, doi:10.1186/1880-5981-66-126, 2014.

Kawada, Y., Yamano, M., and Seama, N., Hydrothermal heat mining in an incoming oceanic plate due to aquifer thickening: Explaining the high heat flow anomaly observed around the Japan Trench, Geochem. Geophys. Geosyst., 15, 1580–1599, doi:10.1002/2014GC005285, 2014.

Hamamoto, H., Yamano, M., Goto, S., Kinoshita, M., Fujino, K., and Wang, K., Heat flow distribution and thermal structure of the Nankai subduction zone off the Kii Peninsula, Geochem. Geophys. Geosyst., 12, Q0AD20, doi:10.1029/2011GC003623, 2011.

Goto, S. and Yamano, M., Reconstruction of the 500-year ground surface temperature history of northern Awaji Island, southwest Japan, using a layered thermal property model, Phys. Earth Planet. Inter., 183, 435-446, 2010.

Yamano, M., Goto, S., Miyakoshi, A., Hamamoto, H., Lubis, R.F., Vuthy M., and Taniguchi, M., Reconstruction of the thermal environment evolution in urban areas from underground temperature distribution, Sci. Total Environ., 407, 3120-3128, 2009.

Yamano, M., Kinoshita, M., and Goto, S., High heat flow anomalies on an old oceanic plate observed seaward of the Japan Trench, Int. J. Earth Sci., 97, 345-352, 2008.

Hamamoto, H., Yamano, M., and Goto, S., Heat flow measurement in shallow seas through long-term temperature monitoring, Geophys. Res. Lett., 32, L21311, doi:10.1029/2005GL024138, 2005.

Yamano, M. and Goto, S., Long-term monitoring of the temperature profile in a deep borehole: temperature variations associated with water injection experiments and natural groundwater discharge, Phys. Earth Planet. Inter., 152, 326-334, 2005.

Goto, S., Yamano, M., and Kinoshita, M., Thermal response of sediment with vertical fluid flow to temperature variation at the surface, J. Geophys. Res., 110, B01106, doi:10.1029/2004JB003419, 2005.

Yamano, M., Kinoshita, M., Goto, S., and Matsubayashi, O., Extremely high heat flow anomaly in the middle part of the Nankai Trough, Phys. Chem. Earth, 28, 487-497, 2003.

Yamaguchi, T., Yamano, M., Nagao, T., and Goto, S., Distribution of radioactive heat production around an active fault and in accretionary prisms of southwest Japan, Phys. Earth Planet. Inter., 126, 269-277, 2001.

 

©Earthquake Prediction Research Center , The University of Tokyo All Rights Reserved.

ページの先頭へ戻る