東京大学地震研究所 地震予知研究センター

  • 東京大学地震研究所
  • 地震・火山噴火 予知研究協議会
  • 東京大学

上嶋 誠

上嶋 誠
【職名】
准教授
【専門】
固体地球電磁気学
【生年月日】

【学歴】
1985(S60).03.31 東京大学理学部地球物理学科卒業
1987(S62).03.31 東京大学大学院
理学系地球物理学修士過程修了
1990(H02).09.30 東京大学大学院
理学系地球物理学博士課程単位取得の上退学
1991(H03).03.15 東京大学博士(理学)学位取得

【職歴】
1990(H02).10.01
科学技術庁科学技術特別研究員(防災科学技術研究所)
1992(H04).06.01 東京大学助手(東京大学地震研究所)
1993(H05).05-06 文部省在外研究員(ギリシャアテネ大学)
1995(H07).02-03
科学技術庁防災科学技術研究所客員研究官(非常勤)
1997(H09).01-1998(H10).01
文部省在外研究員(イギリスケンブリッジ大学)
1998(H10).05-1999(H11).03
理化学研究所フロンティア研究員(非常勤)
1999(H11).04-2000(H12).03
理化学研究所フロンティア研究員(非常勤)
2000(H12).04-2001(H13).03
理化学研究所フロンティア研究員(非常勤)
2001(H13).04-2002(H14).03
理化学研究所フロンティア研究員(非常勤)
2001(H13).02.01
東京大学助教授(東京大学地震研究所)
2002(H14).04-2003(H15).03
京都大学防災研究所講師(非常勤)
2007(H19) 04.01
東京大学准教授(東京大学地震研究所)



 

研究内容

 電気伝導度は、温度、水・メルトなど間隙高電気伝導度物質の存在とそのつながり方、化学組成(特に鉄の含有量)に敏感な物理量である。これらの岩石の物理的性質は、すべて、その変形・流動特性を規定する重要なファクターであり、地震波から得られる情報とは独立したものである。従って、電気伝導度構造を正しく出来るだけ精密に解明し、地震学、岩石破壊実験、測地学、地球熱学、岩石学等の様々な情報を総合することによって、マクロスケールでの島弧・沈み込み帯のテクトニックモデル、ミクロスケールでの地震準備課程から地震発生に至シミュレーションモデルを構成する上で重要な制約条件が与えられる。このような観点に立ち、まず第一の研究課題として、全国の研究者と共同して島弧スケール(ネットワークMT法)・地殻活動単位スケール(広帯域MT法、人工電流源を用いた探査法)の構造解明を目指した観測研究を行っている。次に、電磁場の時間変化を追うことによって、地下間隙水の流動(流動電位)、応力の変化(ピエゾ磁気効果)、温度構造の変化(熱磁気効果)が捉えられ得る。

また、電気伝導度構造の時間変化を捉えることは、上述の岩石の様々な物理的性質の変化を明らかにすることにつながる。一方で、近年の測地学的技術革新(GPS、SAR、絶対重力計など)や、広帯域地震計の普及によって、従来では観測にかからなかった微細な変動や長周期の変動が空間分布を持った形で捉えられるようになった。従って、電磁場データと上記の新しい観測データとをつきあわせることによって、物理的解釈が可能な異常変化が捉えられれば、地殻内流体の移動を伴った新しい地殻活動のイメージが構築出来る可能性がある。そこで第二の研究課題として、伊豆諸島をはじめとした、いくつかのテストフィールドで電磁場観測を行い、その観測を通じて得られた様々な時空間変動の物理的解釈を試みている。

 

 

主要論文・著書 

Yamaguchi, S., Uyeshima, M., Murakami, H., Sutoh, S., Tanigawa, D, Ogawa, T., Oshiman, N., Yoshimura, R., Aizawa, K., Shiozaki, I., and Kasaya, T.

Modification of the Network-MT method and its first application in imaging the deep conductivity structure beneath the Kii Peninsula, southwestern Japan. Earth Planets Space, 61, 957-971, 2009.

 

R. Yoshimura, N. Oshiman, M. Uyeshima, H. Toh, T. Uto, H. Kanezaki, Y. Mochido, K. Aizawa, Y. Ogawa, T. Nishitani, S. Sakanaka, M. Mishina, H. Satoh, T. Goto, T. Kasaya, S. Yamaguchi, H. Murakami, T. Mogi, Y. Yamaya, M. Harada, I. Shiozaki, Y. Honkura, S. Koyama, S. Nakao, Y. Wada, and Y. Fujita,

Magnetotelluric transect across the Niigata-Kobe Tectonic Zone, central Japan: A clear correlation between strain accumulation and resistivity structure, Gephys. Res. Lett., 36, L20311, doi:10.1029/2009GL040016, 2009.

 

Ichihara, H., Uyeshima, M., Sakanaka, S., Ogawa, T., Mishina, M., Ogawa, Y., Nishitani, T., Yamaya, Y., Watanabe, A., Morita, Y., Yoshimura, R. and Usui, Y. A

fault-zone conductor beneath a compressional inversion zone, northeastern Honshu, Japan.Geophys. Res. Lett., 38, L09301, doi:10.1029/2011GL047382, 2011.

 

M. Hata, N. Oshiman, R. Yoshimura, Y. Tanaka and M. Uyeshima Hata, M., Ishiman, N., Yoshimura, R., Tanaka, R. and Uyeshima, M.

Fluid upwelling beneath arc volcanoes above the subducting Philippine Sea Plate: Evidence from regional electrical resistivity structure. J. Geophys. Res., VOL. 117, B07203, doi:10.1029/2011JB009109, 2012

 

Patro, P.K., Uyeshima, M. and Siripunvaraporn, W.
Three-dimensional inversion of magnetotelluric phase tensor data. Geophysical Journal International, 192, 58-66, 2013.

 

Aizawa, K., Koyama, T., Hase, H., Uyeshima, M., Kanda, W., Utsugi, M., Yoshimura, R., Yamaya, Y., Hashimoto, T., Yamazaki, K., Komatsu, S., Watanabe, A., Miyakawa, K. and Ogawa, Y.

Three-dimensional resistivity structure and magma plumbing system of the Kirishima volcanoes as inferred from broad-band magnetotelluric data. JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH: SOLID EARTH 119(1), 198-215, doi:10.1002/2013JB010682, 2014

 

Ichihara, H., Sakanaka, S., Mishina, M., Uyeshima, M., Nishitani, T., Ogawa, Y., Yamaya, Y., Mogi, T., Amita, K. and Miura,

T. A 3-D electrical resistivity model beneath the focal zone of the 2008 Iwate-Miyagi Nairiku earthquake (M 7.2). Earth, Planets and Space, 66-50, doi:10.1186/1880-5981-66-50, 2014.

 

Hata, M., Oshiman, N., Yoshimura, R., Tanaka, Y. and Uyeshima, M.

Three-dimensional electromagnetic imaging of upwelling fluids in the Kyushu subduction zone, Japan. J. Geophys. Res., 120(1), 1-17, doi:10.1002/2014JB011336, 2015.

 

Xu, GJ., Tang, J., Huan QH and Uyeshima, M.

Study on the conductivity structure of the upper mantle and transition zone beneath North China.Chinise J. Geophys. (in Chinese), 58(2), 566-575,
doi:10.6038/cjg20150219

 

Hata, M. and Uyeshima,

M. Temperature and melt fraction distributions in a mantle wedge determined from the electrical conductivity structure: Application to one non-volcanic and two volcanic regions in the Kyushu subduction zone, Japan. Geophys. Res. Lett. 42(8), 2709-2717,DOI: 10.1002/2015GL063308, 2015

 

Kuwano, O, Yoshida S., Nakatani, M. and Uyeshima, M.

Origin of transient self-potential signals associated with very-long-period seismic pulses observed during the 2000 activity of Miyakejima volcano. J. Geophys. Res.,120, 3544-3565,DOI: 10.1002/2014JB011740, 2015

 


 

 

©Earthquake Prediction Research Center , The University of Tokyo All Rights Reserved.

ページの先頭へ戻る