東京大学地震研究所 地震予知研究センター

  • 東京大学地震研究所
  • 地震・火山噴火 予知研究協議会
  • 東京大学

高波 鐵夫

高波 鐵夫
【職名】外来研究員 (ワシントン・カーネギー研究所)
【専門】地震学
【学歴】
1973年3月
北海道大学大学院理学研究科地球物理学科応用地球物理学専攻博士課程退学
1990年3月24日 理学博士(北海道大学)

【職歴】 
1973年4月 北海道大学理学部就職.
2009年3月 北海道大学退職後、札幌学院大学社会情報学科、
ワシントン・カーネギー研究所、東京大学地震研究所、
統計数理研究所、地震予知総合研究振興会等を経て現在に至る.

研究内容

状態空間法による体積ひずみデータの解析  

 

主要論文

高波鐵夫・北川源四郎・平田直・他、状態空間モデリングによる東海地方の体積ひずみ信号抽出の試み、地震研究所彙報, 89, 1-13, 2014.

Takanami, T., A. T. Linde, S. I. Sacks, G. Kitagawa, and H. Peng, Modeling of the post-seismic slip of the 2003 Tokachi-oki earthquake M 8 off Hokkaido: Constraints from volumetric strain, Earth Planets Space, 65, 731–738, 2013.

Takanami, T., G. Kitagawa, H. Peng, A. T. Linde, and S. I. Sacks, A state-space approach to explore the strain behavior before and after the 2003 Tokachi-oki earthquake (M8), Data Science Journal, Volume 12, 30 April 216-220, 2013.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

©Earthquake Prediction Research Center , The University of Tokyo All Rights Reserved.

ページの先頭へ戻る