東京大学地震研究所 地震予知研究センター

  • 東京大学地震研究所
  • 地震・火山噴火 予知研究協議会
  • 東京大学

加藤 尚之

加藤 尚之
【職名】
教授
【専門】
地震発生物理学

【学歴】
1986年3月 東北大学理学部卒業
1988年3月 東北大学大学院理学研究科博士課程前期修了
1989年12月 東北大学大学院理学研究科博士課程後期退学
1996年3月 博士(理学)東北大学

【職歴】
1990年1月 東北大学理学部助手
1997年4月 地質調査所研究員
2001年6月 東京大学地震研究所助教授
2007年4月 東京大学地震研究所准教授
2013年2月 東京大学地震研究所教授

 

研究内容

 岩石実験の結果に基づいた摩擦構成則を用いた地震サイクルシミュレーションを行うことを通して,プレート境界でのサイスミックカップリング,地殻変動,地震活動パターン等についての物理的理解を深める研究を進めている.主な研究テーマは以下のとおり.(1) 室内実験結果に基づく摩擦構成則の開発.(2) 非地震性すべりの発生による応力場の変動が地震活動に及ぼす影響についての研究.(3) 大地震に先行する非地震性すべりの研究.(4) 断層間相互作用が地震サイクルに及ぼす影響についての研究.

 

主要論文・著書 

 

Kato, N., 2012, Dependence of earthquake stress drop on critical slip-weakening distance, J. Geophys. Res., 117, B01301, doi:10.1029/2011JB008359.

Mitsui, Y., N. Kato, Y. Fukahata, and K. Hirahara, 2012, Megaquake cycle at the Tohoku subduction zone with thermal fluid pressurization near the surface, Earth Planet. Sci. Lett., 325-326, 21-26.

Kawamura, H., T. Hatano, N. Kato, S. Biswas, and B. K. Chakrabarti, 2012, Statistical physics of fracture, friction and earthquake, Rev.


Mod. Phys., 84, 839-884, doi:10.1103/RevModPhys.84.839.

Kato, N., 2012, Fracture energies at the rupture nucleation points of large interplate earthquakes, Earth Planet. Sci. Lett., 353-354, 190-197.

Kato, N., 2014, Deterministic chaos in a simulated sequence of slip events on a single isolated asperity, Geophys. J. Int., 198, 727-736, doi:10.1093/gji/ggu157.

 

 

 

 

©Earthquake Prediction Research Center , The University of Tokyo All Rights Reserved.

ページの先頭へ戻る