東京大学地震研究所 地震予知研究センター

  • 東京大学地震研究所
  • 地震・火山噴火 予知研究協議会
  • 東京大学
  • Home
  • お知らせ
  • 地震予知研究センター長 平田教授が平成27年度防災功労者防災担当大臣表彰を受賞しました。

地震予知研究センター長 平田教授が平成27年度防災功労者防災担当大臣表彰を受賞しました。

この表彰は、平時における防災思想の 普及、防災体制の整備や、災害時における人命救助や被害の拡大防止等で、顕著な功績を挙げた個人または団体を表彰するものです。

東京大学地震研究所 地震予知研究センター長 平田 直 教授平田教授は、観測地震学において優れた成果を残しており、最先端の研究・教育と地域の防災力の向上に幅広く貢献するほか、防災行政へ有用な提言を行うなど、その活動は非常に幅広く、研究活動においても、大規模かつ集中的な観測によって地殻の不均質構造と微小地震活動の時間的・空間的分布の関係を明らかにするなどの取り組みを行っており、高い学術成果を挙げています。

また、(一社)防災教育普及協会の会長を務め、防災教育の普及に積極的に取り組むなど、多岐にわたる活動を行っています。

さらに、防災行政において、「防災関連調査研究の戦略的推進ワーキンググループ」(中央防災会議 防災対策実行会議)副主査、「首都直下地震モデル検討会」(中央防災会議)委員、「防災教育チャレンジプラン」実行委員を務め、首都直下地震が発生した場合の震度分布・津波だか等の推計、防災対策に関する調査・研究の戦略的推進に向けた取組み方針の策定において、幅広い知見から数多くの 有用な提言を行うなど、防災体制の整備に多大な貢献をしたことが認められました.

ページの先頭へ戻る