東京大学地震研究所 地震予知研究センター

  • 東京大学地震研究所
  • 地震・火山噴火 予知研究協議会
  • 東京大学
  • Home
  • お知らせ
  • 第3回研究集会"地震活動の評価に基づく地震発生予測システム - 東北地方太平洋沖地震前後の地震発生予測- "

第3回研究集会"地震活動の評価に基づく地震発生予測システム - 東北地方太平洋沖地震前後の地震発生予測- "

日時:2012年7月12日(木)-13日(金)
場所:東京大学地震研究所 2号館2階第2会議室


趣旨
2009年度から「地震及び火山噴火予知のための観測研究計画」が始まった。課題の一つは、地殻やマントル活動のモニタリング及び、地震現象の包括的理解とモデル化に基づく予測シミュレーションを統合して、地震の時期・場所・規模を定量的に予測する「地震発生予測システム」の構築である。本研究集会では,主として統計モデルや物理モデルに基づく地震活動予測手法を活用して、今後の地震予知研究で基準となるような、いわゆる“標準予測モデル”構築へ向けた議論を行う。特に、本研究集会においては、東北地方太平洋沖地震後の地震発生予測についてその課題や問題点を詳細に議論する。また、これまでに得られた地震発生予測検証実験のテスト結果についても議論を行う。 研究集会は2日間にわたる講演発表と議論からなる。また、研究集会後にビジネスミーティングを予定している。 また本集会は、「地震及び火山噴火予知のための観測研究計画」の平成24年度実施計画「地震発生予測のための地震活動評価手法の基盤構築 (課題番号:1406)」の一環として開催される。

プログラムはこちらから >>

ページの先頭へ戻る