反射法地震探査のページ

佐藤比呂志研究室



狩川2004測線


(2003.10.3リセット)






12th International Symposium on Deep Seismic Profiling of the Continents and their Margins 2nd Ciecular


 雑誌サイエンスに論文が掲載されました。
   Earthquake Source Fault Beneath Tokyo, Science, Vol.309(5733), 462-464,15 July 2005
 反射法地震探査による小平尾断層および六日町断層の地下構造調査について[04.12.10]

   2004.11.04 地震予知連絡会資料
  中越地方の地殻・地質構造
  震源域周辺の地質・重力異常・活断層と余震分布
  震源域の地殻構造推定断面図・震源断層の空間配置概念図
  2004年 新潟県中越地震に伴う地表地震断層調査[2004.10.26]
  調査地点マップ

 観測のためのオペレーションマニュアル

2004年庄内平野東縁における反射法地震探査:狩川2004

出羽丘陵西縁のemergent thrustを形成する断層の西側には地下に伏在する背斜構造があり、断層が伏在している可能性があります。今回の調査では、emergent thrustの北方延長部の浅層構造を明らかにするとともに、これより西方の平野下に伏在する可能性のある断層の活動性を評価するためのデータを取得します。
この実験は、島弧方向での短縮歪速度を明らかにするために実施してきた、新庄盆地の反射法地震探査などと一連のもので、長期的には島弧方向の短縮速度を見積もるための基礎資料とします。

  狩川2004のページへ


2004年 新潟県中越地震に伴う地表地震断層調査

反射法地震探査について

反射法地震探査は、波の反射によって地下をイメージングするもので、可視光線の反射によって物を 見ている人間にとって「見る」という行為に最も近い方法です。 地下を「見る」ためには弾性波を地下に送りこむ装置と、波を検知するセンサー、そして人間の脳に 代わってイメージを生み出すための記憶装置・処理装置が必要に なります。原理は共通していますが 反射法地震探査の方法は、対象とする目的によって大きく異なります。
最も一般的なものは、実際に 石油を汲み上げられる6Km 程度までを対象とした地下構造探査ですが、大陸地域では1970年代の後 半から、大規模な反射法による地殻構造探査が組織的に実施され、マントル最上部から 地殻全体にわたる詳細なイメージングが行われるようになりました。
こうした地殻スケールのターゲットのみならず、反射法地震探査は石油探査では対象とされてこなかっ た地下数10m以浅の土木工学的な領域の探査にも積極的に 応用されるようになっています。 このような可視化技術は、地表近傍から地下深部までの詳細な構造の理解が必要になる活断層ー震源断層システムの研究にとって、大変重要な手法になっています。

論文リスト


査読論文

81. 今泉俊文・佐藤比呂志,東北地方の活断層研究の諸問題,第四紀研究,44 (4), p.217-227.
80. 吉田武義・中島淳一・長谷川昭・佐藤比呂志・長橋良隆・木村純一・田中明子・Prima,O.D.A.・大口健志,後期新生代,東北本州弧における火成活動史と地殻・マントル構造,第四紀研究,44(4), 195-216.
79. 木村治夫・佐藤比呂志・伊藤谷生・宮内崇裕・松多信尚・河村知徳・石山達也・岡田真介・加藤直子・荻野スミ子・楮原京子・小田 晋・野田克也・井川 猛,国府津-松田断層帯松田北断層における浅層反射法地震探査.活断層研究,25,85-92.
78. Nakagawa, S., Hirata, N. and Sato, H., Imaging of the crust using aftershocks of the 2000 Western Tottori prefecture earthquake, Geophysical Research Letters, 32, L10310, doi:10.1029/2004GL022332, 2005.
77. Sato, H. and N. Kato, Relationship between the geologic structure and source fault of the 2004 Mid-Niigata prefecture earthquake, central Japan, Earth Planet Space, 57, 453-457, 2005.
76. Kato N., T. Echigo, H. Sato, M. Tateishi, S. Sakai, S. Ogino, S. Toda, S. Koshiya, T. Ito, T. Toyoshima, T. Imaizumi, H. Kato, S. Abe, Geologic fault model based on the high-resolution seismic reflection profile and aftershock distribution associated with the 2004 Mid-Niigata Prefecture earthquake (M6.8), central Japan, Earth Planet. Space, 57, 447-452, 2005.
75. Hiroshi Sato, Naoshi Hirata, Kazuki Koketsu, David Okaya, Takaya Iwasaki, Tanio Ito, Keiji Kasahara, Takeshi Ikawa, Susumu Abe, Taku Kawanaka, Makoto Matsubara, Reiji Kobayashi, Steven Harder, Earthquake source fault beneath the Tokyo, Science, 309 (5737), 462-464, 2005.
74. Hirata, N., H. Sato, S. Sakai, A. Kato, E. Kurashimo, Fault system of the 2004 Mid-Niigata Prefecture Earthquake and its aftershocks, Landslides, 2 (2), doi:10.1007/s10346-005-0050-8, 2005.
73. Nobuhisa Matsuta, Yasutaka Ikeda, and Hiroshi Sato, The slip-rate along the northern Itoigawa-Shizuoka tectonic line active fault system, central Japan, Earth Planets Space, 56, 1323-1330, 2004.
72. Takeda, T., H. Sato, T. Iwasaki, N. Matsuta, S. Sakai, T. Iidaka and A. Kato, Crustal structure in the northern Fossa Magna region, central Japan, modeled from refraction/wide-angle reflection data, Earth Planets Space, 56, 1293-1299, 2004.
71. Kazuo Yoshimoto, Hiroatsu Fujisawa, Tomomi Okada, Norihito Umino, Akira Hasegawa, Kazushige Obara, Katsuhiko Shiomi, Hiroaki Tsukahara, Shigeru Okamoto, Taku Kawanaka, Hiroshi Sato, Takeshi Nishimura, Haruo Sato, and Masakazu Ohtake, Moho and Philippine Sea plate structure beneath central Honshu Island, Japan, from teleseismic receiver functions, Earth Planets Space, 56, 1271-1277, 2004.
70. Hiroshi Sato, Takaya Iwasaki, Yasutaka Ikeda, Tetsuya Takeda, Nobuhisa Matsuta, Tomoko Imai, Eiji Kurashimo, Naoshi Hirata, Sin'ichi Sakai, Driss Elouai, Taku Kawanaka, Shinji Kawasaki, Susumu Abe, Takeshi Kozawa, Takeshi Ikawa, Yoshimasa Arai and Naoko Kato, Seismological and geological characterization of the crust in the southern part of northern Fossa Magna, central Japan, Earth Planets Space, 56, 1253-1259, 2004.
69. Yasutaka Ikeda, Takaya Iwasaki, Hiroshi Sato, Nobuhisa Matsuta, and Takeshi Kozawa, Seismic reflection profiling across the Itoigawa-Shizuoka Tectonic Line at Matsumoto, Central Japan, Earth Planets Space, 56, 1315-1321, 2004.
68. Driss Elouai, Hiroshi Sato, Naoshi Hirata, Shinji Kawasaki, Toru Takeshita, Naoko Kato, and Tetsuya Takeda, Deep seismic reflection profiling across the Northern Fossa Magna: The ERI 1997 and the JNOC 1996 seismic lines, active faults and geological structures, Earth Planets Space, 56, 1331-1338, 2004.
67. 楮原京子・今泉俊文・八木浩司・佐藤比呂志,2004,尾花沢盆地(新庄-山形断層帯)における活断層露頭.活断層研究,24,49-52.
66. Kato, N., Sato, H., Imaizumi, T., Ikeda, Y., Okada, S., Kagohara, K., Kawanaka, T. and Kasahara, K., 2004, Seismic reflection profiling across the source fault of the 2003 Northern Miyagi earthquake (Mj 6.4), NE Japan: basin inversion of Miocene back-arc rift, Earth Planets Space, 56, 1255-1261, 2004.
65. Matsubara, M., Hirata, N., Sato, H. and Sakai, S., 2004, Lower crustal fluid distribution in the northeastern Japan arc revealed by high resolution 3D seismic tomography. Techtonophysics, 388, 33-45.
64. Kato, N., Sato, H., Orito, M., Hirakawa, K., Ikeda, Y. and Ito, T., 2004, Has the plate boundary shifted from the central Hokkaido to the eastern part of the Sea of Japan? Techtonophysics, 388, 75-84.
63.Sato, H., Iwasaki, T., Kawasaki, S., Ikeda, Y., Matsuta, N., Takeda, T., Hirata, N. and Kawanaka,T., 2004, Formation and Shortening Deformation of a Back-arc Rift Basin revealed by Deep Seismic Profiling, Central Japan. Tectonophysics, 388, 47-58.
62.佐藤比呂志・吉田武義・岩崎貴哉・佐藤時幸・池田安隆・海野徳仁,2004. 後期新生代における東北日本中部背弧域の地殻構造発達-最近の地殻構造探査を中心として-.石油技術協会誌,第69巻,第2号,145-154.
61. Glasby, G.P., Yamanaka, T., Yamamoto, J., Sato, H. and Notsu, K., 2004, Kuroko and Hydrocarbon Deposits from Northern Honshu, Japan: A Possible Common Hydrothermal/Magmatic Origin? Resource Geology, 54, 4, 413-424.
60.纐纈一起・佐藤比呂志・平田 直・野田克也・井川 猛,2003.バイブレータ震源屈折法によるS波速度構造−大大特房総測線の解析−,物理探査学会学術講演会講演論文集,109,89-90.
59. Sato, H., Imaizumi, T., Yoshida, T., Ito, H. and Hasegawa, A., 2002. Tectonic evolution and deep to shallow geometry of Nagamachi-Rifu Active Fault System, NE Japan. Earth Planet. Space, 54, 1039-1043.
58. Iwasaki, T., Yoshii, Y., Hirata, N. and Sato, H., 2002. New features of island arc crust inferred from seismic refaction/wide-angle reflection expeditions in Japan. In Seismotectonics in convergent plate boundary, Eds. Y. Fujinawa and A. Yoshida, pp. 57 - 70. Terra Scientific Pub., Tokyo.
57.Sato, H., Hirata, N., and Iwasaki, T., 2002. Deep geometry of active faults in Northern Honshu, Japan, In Seismotectonics in convergent plate boundary, Eds. Y. Fujinawa and A. Yoshida, pp. 201 - 208. Terra Scientific Pub., Tokyo.
56.Iwasaki, T., Yoshii, T., Ito, T., Sato, H., and Hirata, N., 2002. Seismological Features of Island Arc Crust as inferred from Recent Seismic Expeditions in Japan, Tectonophysics, 355, 53-66.
55.Sato, H., Hirata, N., Iwasaki, T., Matsubara, M. and Ikawa, T., 2002. Deep Seismic Reflection Profiling across the Ou Backbone Range, Northern Honshu Island, Japan. Tectonophysics , 355, 41-52.
54. 文部科学省2001年インド・グジャラート地震調査団,2001.2001年インド・グジャラート地震の総合的調査研究.自然災害科学,20,89-102.
53.Nakata, T., Yoshioka, T., Sato, H., Imaizumi, T., Marik, J.N., Phillip, G., Mahajan, A. K. and Karanth, V., 2001. Extensive surface deformation around Budharmora associated with January 26, 2001 Republic Day (Bhuji) earthquake of India. Active fault Research, 20, 127-136.
52.山口和雄・加野直巳・横倉隆伸・木口 努・横田俊之・今西和俊・伊藤久男・佐藤比呂志,2001.反射法による利根川下流低地から稲敷台地付近の浅部地下構造.物理探査学会学術講演会講演論文集.105,261-262.
51.佐藤比呂志・伊藤谷生・池田安隆・平田 直・今泉俊文・井川 猛, 2001, 活断層-震源断層システムのイメージングの意義と現状. 地学雑誌,110, 838-848.
50.Marik, J.N., Nakata, T., Sato, H., Imaizumi, T., Yoshioka, T., Phillip, G., Mahajan, A. K. and Karanth, V., 2001. January 26, 2001, the Republic Day (Bhuji) earthquake of Kachchh and active faults. Active fault Research, 20, 112-126.
49.石山達也・東郷正美・今泉俊文・佐藤比呂志・中田 高・野原 壯・原口 強,2002.養老断層の極新期断層変位地形の形成過程−岐阜県海津郡南濃町志津菖蒲原地区における地層抜き取り調査−.活断層研究, 22,115-126.
48.松多信尚・池田安隆・今泉俊文・佐藤比呂志,2001,糸魚川-静岡構造線活断層系北部神城断層の浅部構造と平均すべり速度(浅部反射法地震探査とボーリングの結果),活断層研究,21, 59-70.
47.松多信尚・今泉俊文・Tomas Pratt・Robert Williams・佐藤比呂志・蔵下英司・加藤直子・荻野スミ子・森屋 洋・阿部真郎,2001,極浅層反射法地震探査による千屋断層(一丈木)の地下断面.活断層研究,20,40-45.
46.河村知徳・蔵下英司・篠原雅尚・津村紀子・伊藤谷生・宮内崇裕・佐藤比呂志・井川 猛, 2001. 活断層周辺における地震波散乱体の検出とその地質学的実体の推定-紀伊半島北西部中央構造線を例として−.地震,54,233-249.
45.佐藤比呂志・池田安隆・李 民・張 徽正,2000.台湾中部で発生した1999年9月21日集集地震に伴う地表地震断層.活断層研究, 19,v-vi.
44.山口和雄・加野直己・横倉隆伸・木口 努・横田俊之・田中明子・佐藤比呂志, 2000, 深谷断層周辺における反射法地震探査-江南台地と妻沼低地の地下構造-.地震2, 53, 2, 115-126.
43.新井慶将・今泉俊文・平川一臣・佐藤 比呂志,2000,糸静線活断層系・若宮断層(富士見町)のテクトニック・バルジについて,活断層研究,19,59-62.
42.鏡味洋史・梅田康弘・佐藤比呂志・谷口仁士・石山祐二・吉村浩二・西上欽也・林 春男・川方弘則・Nelson Puilido・Zennon Aguilar・橋本隆雄・宮島昌克, 1999,1999年コロンビア・キンディオ地震の現地調査報告(1)調査と被害の概要.自然災害科学,18(3),315-326.
41.山口和雄・加野直巳・横倉隆伸・木口 努・大滝寿樹・田中明子・佐藤比呂志,1999.棚倉構造線と周辺堆積盆地の地下構造.物理探査学会学術講演会講演論文集,101,21-24.
40.杉村 新・斉藤 勝・東郷正美・池田安隆・蟹江康光・江藤哲人・太田陽子・佐藤比呂志・浅見茂雄・藤井義仁,1999,横須賀市長沢地区における北武断層のトレンチ調査.地学雑誌,108,562-588.
39.Ikeda, Y., Imaizumi, T., Sato, H., Hessami, K., and Khatib, M.M., 1999, Surface faults associated with the Qayen, northeastern Iran, earthquake of May 10, 1997. Active Fault Research, 18, 1-13.
38.越谷 信・野田 賢・加藤貴史・滝口真一・三田地喜之・嶋守真紀・斎藤徳美・矢内桂三・大石雅之・福留高明・佐藤比呂志・大槻憲四郎・長浜裕幸・中村教博・平野信一・土井宣夫・沢 祥・東郷正美・粟田泰夫・吉岡敏和, 1998. 1998年9月3日岩手県内陸北部の地震に伴う地震断層について.地質学雑誌, 104,11,xxv-xxvi.
37.越谷 信・大石雅之・野田 賢・奥寺勇樹・加藤貴史・滝口信一・三田池喜之・嶋守真紀・斎藤徳美・矢内桂三・平野信一・澤 祥・福留高明・佐藤比呂志・大槻憲四郎・長濱裕幸・中村教博・土井宣夫・東郷正美・粟田泰夫・吉岡敏和,1998,1998年9月3日岩手県内陸北部の地震に伴う地震断層.活断層研究,17,9-20.
36.山口和雄・加野直巳・横倉隆伸・木口 努・田中明子・佐藤比呂志,1998,反射法による立川断層の地下構造.活断層研究,17,54-64.
35.伊藤谷生・佐藤比呂志・井川 猛,1998,反射法地震探査の発展と構造地質学の新たな展望.地質学論集,50,177-192.
34.Sato, H., Hirata, N., Ito, T., Tsumura, N. and Ikawa, T., 1998, Seismic reflection profiling across the seismogenic fault of the 1995 Kobe earthquake, southwestern Japan. Tectonophysics, 286,19-30.
33.原口 強・今泉俊文・小島圭二・池田安隆・佐藤比呂志・中田 高・奥村晃史・石丸恒存・東郷正美・上田圭二・井上 基,1997.活断層調査における定方位連続地層採取方法と神城断層の変位速度.日本応用地質学会研究発表会講演論文集,1997, 53-56.
32.山口和雄・加野直巳・横倉隆伸・木口 努・横田俊之・田中明子・佐藤比呂志,1997.深谷断層の延長と江南台地の地下構造.物理探査学会学術講演会講演論文集,97,18-19.
31.山口和雄・加野直巳・横倉隆伸・木口 努・田中明子・佐藤比呂志, 1997. 立川断層の地下深部における断層変位,物理探査学会学術講演会講演論文集,97, 20-22.
30.Hakuno, M., Imaizumi, Kagami, H., Kiyono, J., Ikeda, Y., Towhata, I., Sato, H., Hori, M., Meguro, K., Toutounch Shabestari, K., Alaghebandian, R., Taniguchi, H., Tsujihata, H., 1997. Preliminary peport of the damage due to the Qayen earthquke of 1997, northeast Iran. Jour. Natural Disaster Science, 19, 67-81.
29.今泉俊文・原口 強・中田 高・奥村晃司・東郷正美・池田安隆・佐藤比呂志・島崎邦彦・宮内崇裕・柳 博美・石丸恒存,1997,地層抜き取り調査とボーリング調査による糸静線活断層系・神城断層のスリップレートの検討.活断層研究,16,35-43.
28.東郷正美・佐藤比呂志・岡田篤正・松山紀香,1997,1994年堅田断層(比叡辻地区)トレンチ調査.活断層研究,16,53-58.
27.東郷正美・佐藤比呂志・嶋本利彦・堤 昭人・馬 勝利・中村俊夫,1997,花折断層の最新活動について.活断層研究,16,44-52.
26.池田安隆・松多信尚・東郷正美・今泉俊文・佐藤比呂志,1997,糸魚川静岡構造線活断層系・松本盆地南部地域の詳細断層地形判読.活断層研究,16,28-34.
25.佐藤比呂志・蟹江康光・東郷正美・渡辺満久・小松原 琢・隈元 崇・八木浩司・馬 勝利・太田陽子・中村俊夫・梅沢俊一,1997,横須賀市野比地区における北武断層のトレンチ調査.活断層研究,16,13-18.
24.大竹正己・佐藤比呂志・山口 靖,1997,福島県南会津,中新世木賊カルデラの形成史.地質学雑誌, 103,1-20.
23.吉田武義・木村純一・大口健志・佐藤比呂志,1997. 島弧マグマ供給系の構造と進化.火山 特別号 「マグマ学」,42,189-207.
22.佐藤比呂志・Ray Cas, 1996, オーストラリア南東部 Newer Volcanic Provinceにおけるマグマ水蒸気爆発による噴出物. 地学雑誌,105. 口絵.
21.三ヶ田 均・佐藤比呂志・岩崎貴哉・平田 直・池田安隆・井川 猛・川部喜朗・青木 豊,1996.活断層探査システムを用いた地下探査実験. 物理探査学会学術講演会講演論文集, 95,34-38.
20.佐藤比呂志,1996.日本列島のインバージョンテクトニクス.活断層研究,15,128-132.
19.佐藤比呂志,1996.東京大学地震研究所に導入された反射法地震探査システム.活断層研究,15,100-105.
18.東郷正美・池田安隆・今泉俊文・佐藤比呂志,1996,神城断層両端部の断層変位地形,活断層研究,15,9-16.
17.東郷正美・佐藤比呂志・池田安隆・松多尚信・増淵和夫・高野繁昭,1996. 立川断層の最新活動時期について,活断層研究,15,1-8.
16.佐藤比呂志・奥村晃史・石丸恒存,1996.活断層トレンチにおける透過X線を用いた断層面の観察手法.活断層研究,15,48-54.
15.Caputo, R. and Sato, H., 1996. An integrated study to recent tectonics in Central Japan: seismological, geodetic, morphotectonic and structural data compared. Techtonophysics, 262,133-157.
14.Shimamoto, T., Tsutsumi, A., Kawamoto, E., Miyawaki, M. and Sato, H., 1995. Tsunami disasters caused by the 1993 Southwest Hokkaido earthquake and their implications for the future prevention of tsunami disasters. Pure & Applied Geophysics, 145, 665-691.
13.Sato, H., Shimamoto, T., Tsutsumi, A., Kawamoto, E., 1995. Onshore tsunami deposits caused by the 1993 southwest Hokkaido and 1983 Japan Sea earthqukakes. Pure & Applied Geophysics, 145, 693-717.
12.Sato, H., 1994. The relationship between late Cenozoic tectonic events and stress field and basin development in northeast Japan. J. Geophys. Res., 99, 22261-22274.
11.岡田篤正・渡辺満久・佐藤比呂志・全 明純・曹 華龍・金 性均・田 正秀・池憲哲・尾池和夫,1994.梁山断層(韓国東南部)中央部の活断層地形とトレンチ調査,地学雑誌,103,111-126.
10.佐藤比呂志・嶋本利彦・堤 昭人・川本英子・宮脇昌弘,1994. 1993年北海道南西沖地震と1983年日本海中部地震に伴う陸上の津波堆積物,活断層研究,12, 1-23.
9.佐藤比呂志・岡田篤正・大友幸子・堤 昭人・隈元 崇,1993.1992年中央構造線活断層系・岡村断層(福武地区)トレンチ調査.活断層研究,11,92-99.
8.佐藤比呂志・岡田篤正・松田時彦・隈元 崇,1993.1991年濃尾活断層系・根尾谷活断層(水鳥地区)トレンチ調査,活断層研究,11,86〜91.
7.佐藤比呂志・岡田篤正・松田時彦・隈元 崇,1992.根尾谷断層水鳥断層崖とその掘削断面(口絵).地学雑誌, 101, 7,fr.1-3.
6.佐藤比呂志・岡田篤正・松田時彦・隈元 崇,1992.根尾谷断層水鳥断層崖のトレンチ壁面の地質.地学雑誌,101, 7, 556-572.
5.岡村 真・佐藤比呂志・隈元 崇・堤 昭人・嶋本利彦・東郷正美・植村善博・松田時彦・露口耕治,1992.琵琶湖湖底活断層の音波探査(予報).活断層研究,10,53-64.
4. Sato, H. and Amano, K., 1991. Relationship between tectonics, volcanism, sedimentation and basin development, Late Cenozoic, central part of Northern Honshu, Japan. Sediment. Geology, 74, 323-343.
3.山路 敦・佐藤比呂志,1989.中新世における東北本州弧の沈降運動とそのメカニズム.地質学論集,32, 339-349.
2.天野一男・佐藤比呂志,1989.東北日本中部地域の新生代テクトニクス.地質学論集,32,81-96.
1.佐藤比呂志,1989.東北本州弧における後期新生界の変形度について.地質学論集,32,257-268.



研究業績-査読なし

96.  佐藤 比呂志・加藤 直子・須田 茂幸・川中 卓,反射法地震探査による中越地震震源域周辺の地質構造,月刊 地球,印刷中.
95.  加藤直子・越後智雄・佐藤比呂志・広神2004反射法地震探査グループ,浅層反射法地震探査から見た2004年新潟県中越地震の断層モデル,月刊 地球,印刷中.
94. Jan H. Behrmann, Jingsui Yang, Marco Bohnhoff, Andrea F嗷ster, Ulrich A. Glasmacher, Jan Golonka, Roy Hyndman, Christopher Juhlin, Yrj・K撹k嗜en, Achim J. Kopf, Ilmo Kukkonen, Marek Lewandowski, Jason McKenna, Roland Oberh穫sli, Julian A. Pearce, Victoria Pease, Paul T. Robinson, Hiroshi Sato, Robert J. Stern, Tetsuro Urabe & Kelin Wang, ICDP drilling in Convergent Plate Boundaries and Collision Zones, in press.
93. 佐藤比呂志,学者が斬るシリーズ227「東京の地震リスクは世界最高」,エコノミスト,2005年8月30日号,46-49.
92. 佐藤比呂志・加藤直子・越後智雄・荻野スミ子・立石雅昭・戸田 茂・加藤一・越谷 信・豊島剛志・伊藤谷生・今泉俊文・阿部信太郎・上條裕久・高木啓司・鈴木規眞・三沢永一・小田 晋・楮原京子・加藤義人・河合陽平・駿河 仁・小池太郎・赤井 智・野田克也, 2004年新潟中越地震・地震断層出現域の浅層反射法地震探査, 地震研究所彙報, 印刷中.
91. 佐藤比呂志・平田 直・纐纈一起・大都市圏地殻構造研究グループ,東京直下の巨大衝上断層のイメージング,科学,75,8, 965-970, 2005.
90.木村治夫・佐藤比呂志・伊藤谷生・河村知徳・松多信尚・石山達也・加藤直子・荻野スミ子・岡田真介・小田 晋・楮原京子,松田北断層における反射法地震探査,大都市大震災軽減化特別プロジェクト 1 地震動(強い揺れ)の予測「大都市圏地殻構造調査研究」(平成16年度)成果報告書, 373-379,2005.
89.石山達也・佐藤比呂志・戸田 茂・加藤 一・木村治夫・杉戸信彦・鈴木規眞・越後智雄・岡田真介・服部泰久・今村朋裕・小田 晋,鈴鹿山地東縁断層帯における反射法地震探査,大都市大震災軽減化特別プロジェクト 1 地震動(強い揺れ)の予測「大都市圏地殻構造調査研究」(平成16年度)成果報告書, 367-372,2005.
88.佐藤比呂志・伊藤 潔・平田 直・岩崎貴哉・纐纈一起・伊藤谷生・笠原敬司, 大深度弾性波探査 3.1.3.近畿圏大深度弾性波探査(大阪-鈴鹿測線), 大都市大震災軽減化特別プロジェクト 1 地震動(強い揺れ)の予測「大都市圏地殻構造調査研究」(平成16年度)成果報告書, 113-221,2005.
87.梅田康弘・伊藤 潔・澁谷拓郎・松村一男・渡辺邦彦・片尾 浩・大見士朗・廣瀬一聖・佐藤比呂志・平田 直・伊藤谷生・岩崎貴哉, 大深度弾性波探査 3.1.2.近畿圏大深度弾性波探査(新宮-舞鶴測線), 大都市大震災軽減化特別プロジェクト 1 地震動(強い揺れ)の予測「大都市圏地殻構造調査研究」(平成16年度)成果報告書, 19-112,2005.
86. 池田安隆・岩崎貴哉・佐藤比呂志・川中 卓・小澤岳史,松本盆地南部における糸魚川静岡構造線の地下構造,月刊地球, 号外50,185-190, 2005.
85. 武田哲也・佐藤比呂志・岩崎貴哉・松多信尚・酒井慎一・飯高 隆・加藤愛太郎,北部フォッサマグナ周辺の屈折法データの再解析による地殻構造の解明,月刊地球, 号外50,145-150, 2005.
84. 吉本和生・藤澤宏篤・岡田知己・海野徳仁・長谷川 昭・小原一成・汐見勝彦・塚原弘昭・岡本 茂・川中 卓・佐藤比呂志・佐藤春夫・西村太志・大竹政和,レシーバ関数から推定される中部地域の地殻・最上部マントル,月刊地球, 号外50,139-144, 2005.
83. 佐藤比呂志・岩崎貴哉・川崎慎治・池田安隆・松多信尚・加藤直子・武田哲也・川中 卓・井川 猛, 反射法地震探査による北部フォッサマグナの地殻構造, 月刊地球, 号外50,123-129, 2005.
82. 阿部 進・蔵下 英司・佐藤 比呂志・平田 直・川中 卓, 下部地殻構造の解明を目的とした稠密アレイ観測データによるレシーバ関数に関する マイグレーション解析, 月刊地球, 号外50,168-173,2005.
81. 平田 直・佐藤比呂志・東京大学地震研究所緊急余震観測グループ, 2004年新潟県中越地震 -地下構造と余震分布から推定される震源断層-, 科学, 75, no.2, 149-151,2005.
80. 加藤直子・佐藤比呂志・今泉俊文・池田安隆, 2003年宮城県北部地震震源域北部の反射法地震探査, 月刊地球, 27,2, 139-143,2005.
79. 佐藤 比呂志,2004.反射法地震探査の成果、地質時代の断層の再活動によって引き起こされた2003年の宮城県北部の地震.サイスモ,8,9,10-11.
78. 宮内崇裕・小島 淳・大野 恵・上杉 陽・佐藤比呂志, 中深度ボーリング調査に基づく国府津松田断層の完新世地震性地殻変動, 大都市大震災軽減化特別プロジェクト 1 地震動(強い揺れ)の予測「大都市圏地殻構造調査研究」(平成15年度)成果報告書, 380-388,2004.
77. 佐藤比呂志・木村治夫・伊藤谷生・宮内崇裕・河村知徳・松多信尚・石山達也・荻野スミ子・加藤直子・岡田信介・楮原京子, 足柄平野北縁、松田北断層における浅層反射法地震探査, 大都市大震災軽減化特別プロジェクト 1 地震動(強い揺れ)の予測「大都市圏地殻構造調査研究」(平成15年度)成果報告書, 374-379, 2004.
76. 纐纈一起・佐藤比呂志・河村知徳・増田 徹, 大深度弾性波探査 3.1.6.大都市圏地殻構造総合データベースの構築, 大都市大震災軽減化特別プロジェクト 1 地震動(強い揺れ)の予測「大都市圏地殻構造調査研究」(平成15年度)成果報告書, 227-236, 2004.
75. 佐藤比呂志・平田 直・伊藤谷生・岩崎貴哉・纐纈一起・笠原敬司・伊藤 潔, 大深度弾性波探査 3.1.3.関東山地東縁地殻構造探査(関東山地2003), 大都市大震災軽減化特別プロジェクト 1 地震動(強い揺れ)の予測「大都市圏地殻構造調査研究」(平成15年度)成果報告書, 83-191,2004.
74. 佐藤比呂志・平田 直・伊藤谷生・岩崎貴哉・纐纈一起・笠原敬司・伊藤 潔・河村知徳, 大深度弾性波探査 3.1.2.東京湾地殻構造探査(東京湾2003), 大都市大震災軽減化特別プロジェクト 1 地震動(強い揺れ)の予測「大都市圏地殻構造調査研究」(平成15年度)成果報告書, 17-82, 2004.
73. 今泉俊文・楮原京子・佐藤比呂志・加藤直子,2004. 2003年宮城県北部の地震・震源断層周辺の活断層と変動地形調査.2003年宮城県北部地震シンポジュウム-地震から6ヶ月-震源域の地盤調査・地震災害研究で何が解決されたか,東北大学災害制御研究センター,7-14.
72. 佐藤比呂志・加藤直子・今泉俊文・池田安隆・楮原京子・川中 卓・笠原敬司, 2004. 2003年宮城県北部地震震源域北部での反射法・屈折法地震探査.2003年宮城県北部地震シンポジュウム-地震から6ヶ月-震源域の地盤調査・地震災害研究で何が解決されたか,東北大学災害制御研究センター,1-6.
71. 宮内崇裕・伊藤谷生・佐藤比呂志,2003.断層モデル等の構築 2.内陸活断層モデル化の研究 1.地質・変動地形によるモデル化 2.掘削調査による国府津松田断層の活動履歴復元と断層形状の解明.大都市大震災軽減化特別プロジェクト 1 地震動(強い揺れ)の予測「大都市圏近く構造調査研究」(平成14年度)成果報告書, 250-255.
70. 佐藤比呂志・岩崎貴哉・飯高 隆・蔵下英司・伊藤谷生・伊藤 潔・松村一男・渋谷拓郎,2003.大深度弾性波探査 6.まとめと今後の予定,大都市大震災軽減化特別プロジェクト 1 地震動(強い揺れ)の予測「大都市圏近く構造調査研究」(平成14年度)成果報告書,158-163.
69. 伊藤谷生・佐藤比呂志・宮内崇裕・池田安隆・今泉俊文・山北 聡・堤 浩之,2003.断層モデル等の構築 2.内陸活断層モデル化の研究 1.地質・変動地形によるモデル化 1.研究課題全体の成果,大都市大震災軽減化特別プロジェクト 1 地震動(強い揺れ)の予測「大都市圏近く構造調査研究」(平成14年度)成果報告書., 247-249.
68. 佐藤比呂志・平田 直・伊藤谷生・岩崎貴哉・纐纈一起・笠原敬司・伊藤 潔,2003.大深度弾性波探査 2.房総半島縦断地殻構造探査(房総2002),大都市大震災軽減化特別プロジェクト 1 地震動(強い揺れ)の予測「大都市圏近く構造調査研究」(平成14年度)成果報告書.7-87.
67. 佐藤比呂志・平田 直・伊藤谷生・岩崎貴哉・纐纈一起・笠原敬司・伊藤 潔,2003.大深度弾性波探査 3.相模測線における地殻構造探査 1.相模湾岸地殻構造探査(相模2003), 大都市大震災軽減化特別プロジェクト 1 地震動(強い揺れ)の予測「大都市圏地殻構造調査研究」(平成14年度)成果報告書. 88-137.
66. 加藤直子・佐藤比呂志,2002.北海道中軸帯のアクティブテクトニクス−馬追丘陵を例として−.地球, 24, 7, 481-484,
65. 加藤直子・佐藤比呂志・松多信尚・平川一臣・越谷 信・宮内崇裕・戸田 茂・加藤 一・蔵下英司・越後智雄・三縄岳大・永井 悟・荻野スミ子・鐙 顕正・川中 卓・井川 猛,2002.日高衝上断層系前縁部・馬追丘陵西縁を横切る反射法地震探査.東京大学地震研究所彙報, 77, 2, 111-121
64. 鈴木和子・河村知徳・越後智雄・岩崎貴哉・平田 直・佐藤比呂志・宮内崇裕・伊藤谷生・井川 猛,2002.稠密展開屈折法探査による十勝構造盆地浅部構造の解明.東京大学地震研究所彙報,77, 2, 131-138.
63. Nakata, T., Yoshioka, T., Sato, H., Imaizumi, T., Malik, J. N., Philip, G., Mahajan, A.K., and Karanth, R.V., 2001. Surface deformations and Active fault. in Sato, T. eds., メA comprehensive survey of the 26 January 2001 earthquake (Mw 7.7) in the state of Gujarat, India, 4-14.
62. 佐藤 比呂志,2001.活断層・震源断層のイメージング−奥羽脊梁山地を横切る地殻深部反射法地震探査−.サイスモ,5,4,12.
61. 東京大学大学院理学系研究科・東京大学地震研究所・池田安隆・佐藤比呂志,2001.東北日本内帯の主要断層について(試論).地震予知連絡会会報, 66, 110-113.
60. 宮内崇裕・佐藤比呂志・八木浩司・越後智雄・佐藤尚登,2001.都市圏活断層図「青森」, 都市圏活断層図 1:25,000, 国土地理院技術資料 D.1-No.388.
59. 沢 祥・宮内崇裕・佐藤比呂志・八木浩司・松多信尚・越後智雄・丹羽俊二,2001.都市圏活断層図「新庄」,都市圏活断層図 1:25,000, 国土地理院技術資料 D.1-No.388.
58. 今泉俊文・沢 祥・佐藤比呂志・松多信尚・越後智雄・丹羽俊二,2001.都市圏活断層図「村山」,都市圏活断層図 1:25,000,国土地理院技術資料 D.1-No.388.
57. 八木浩司・今泉俊文・佐藤比呂志・後藤秀昭・松多信尚・越後智雄・丹羽俊二,2001.都市圏活断層図「山形」, 都市圏活断層図 1:25,000.国土地理院技術資料 D.1-No.388, 1 sheet, 国土地理院.
56. 岩崎貴哉・佐藤比呂志・平田 直・伊藤谷生・森谷武男・蔵下英司・川中 卓・小沢岳史・一ノ瀬洋一郎・坂 守・武田哲也・加藤 亘・吉川 猛・在田一則・高波鉄夫・山本明彦・吉井敏剋・井川 猛,2001.日高中軸帯北部における反射法地震探査.東京大学地震研究所彙報, 76, 1, 115-127.
55. 越後智雄・宮内崇裕・河村知徳・佐藤比呂志・蔵下英司・加藤 一・井川 猛・川中 卓・折戸雅幸・長谷川貴志・伊藤谷生,2001.反射法地震探査による十勝活断層中部の浅層構造.東京大学地震研究所彙報,76, 1, 129-134.
54. 佐藤比呂志,2001.地震断層の不均質構造の推定-1999年集集地震震源域の地殻構造と長期間地殻変動に関する研究-.平成12年度科学技術振興調整費 「フィリピン海プレート周辺地域における地震断層に関する調査研究」成果報告書,(財)地震予知総合研究振興会,pp.1-57.
53. 千葉県地域活断層調査委員会・伊藤谷生・佐藤比呂志・杉山雄一・瀬尾和夫・楡井 久・宮内崇裕・宮腰勝義,2001.鴨川低地断層帯に関する調査概要版, 22 p,千葉県.
52. 神奈川県地域活断層調査委員会・太田陽子・江藤哲人・佐藤比呂志・松田磐余・渡辺満久,2001.神奈川県地域活断層(三浦半島断層群)調査報告書−平成12年度地震関係基礎調査交付金事業−.108 p, 神奈川県防災局防災消防課.
51. 佐藤比呂志・折戸雅幸・平川一臣・伊藤谷生・池田安隆・松多信尚・越谷 信・戸田 茂・堤 浩之・宮内崇裕・今泉俊文・井川 猛・越後智雄・河村知徳・八木浩司・野田 賢・荻野スミ子・勇払伏在断層研究グループ,2000.日高衝上断層系先端部石狩低地帯南部に伏在する活断層の反射法地震探査.平成10-11年度科学研究費補助金(基盤 (A)(2))研究成果報告書「北海道中軸部・衝突帯の形成と地殻再編過程」研究代表者 岩崎貴哉,151-160.
50. 神奈川県地域活断層調査委員会・太田 陽子・江藤 哲人・佐藤比呂志・松田磐余・渡辺満久,2000.三浦半島断層群に関する調査成果報告書−平成11年度地震関係基礎調査交付金事業−.131 p. 神奈川県防災局防災消防課.
49. 佐藤比呂志,2000.陸域における活断層調査:活断層の形状を探る. 地質と調査.86,2-8.
48. 佐藤比呂志・平田 直,2000.内陸大規模地震の震源断層を探る.科学,70, 58-65.
47. 平川一臣・佐藤比呂志・柳 博美, 1999.伏在活断層の地形的表現:北海道北部日本海沿岸,手塩付近の例.平成9年度〜平成10年度科学研究費補助金(基盤研究 (B)(2))研究成果報告書「反射法地震探査を軸とした北海道中央部の地殻短縮速度の解明 -北米・ユーラシアプレート境界の検討-」研究代表 佐藤比呂志,95-98.
46. 平川一臣・佐藤比呂志・今泉俊文,1999.苫小牧東部・勇払の伏在活構造に関わる地形の変位変形.平成9年度〜平成10年度科学研究費補助金(基盤研究 (B)(2))研究成果報告書「反射法地震探査を軸とした北海道中央部の地殻短縮速度の解明 -北米・ユーラシアプレート境界の検討-」研究代表 佐藤比呂志,90-94.
45. 佐藤比呂志・折戸雅幸・平川一臣・伊藤谷生・池田安隆・松多信尚・越谷 信・戸田 茂・堤 浩之・宮内崇裕・今泉俊文・井川 猛・越後智雄・河村知徳・八木浩司・野田 賢・荻野スミ子・勇払伏在断層研究グループ,1999.日高衝上断層系先端部石狩低地帯南部に伏在する活断層の反射法地震探査.平成9年度〜平成10年度科学研究費補助金(基盤研究 (B)(2))研究成果報告書「反射法地震探査を軸とした北海道中央部の地殻短縮速度の解明 -北米・ユーラシアプレート境界の検討-」研究代表 佐藤比呂志,31-89.
44. 佐藤比呂志・池田安隆,1999.北海道のアクティブテクトニクスと北米・ユーラシアプレート境界.平成9年度〜平成10年度科学研究費補助金(基盤研究 (B)(2))研究成果報告書「反射法地震探査を軸とした北海道中央部の地殻短縮速度の解明 -北米・ユーラシアプレート境界の検討-」研究代表 佐藤比呂志,1-30.
43. 岩崎貴哉・加藤 亘・阿部信太郎・一ノ瀬洋一郎・海野徳仁・岡田知己・越谷 信・小菅正裕・坂 守・佐藤比呂志・清水信之・武田哲也・津村紀子・野田 賢・長谷川 昭・平田 直・渡邊和俊・井川 猛・大口健志,1999.千屋断層帯における人工地震観測.地震研究所彙報,74,49-62.
42. 蔵下英司・越谷 信・佐藤比呂志・北上低地帯西縁断層研究グループ,1999. 反射法地震探査から見た北上低地帯西縁断層系の浅層構造.月刊 地球 号外27,44-47.
41. 吉田武義・相澤幸治・長橋良隆・佐藤比呂志・大口健志・木村純一・大口寛人,1999, 東北本州弧島弧火山活動期の地史と後期新生代カルデラ群の形成,地球,27, 123-129.
40. 平田 直・萩原弘子・松原 誠・佐藤比呂志,1999.東北合同観測データによる東北日本弧地殻の3次元速度構造と地殻活動.地球,27,22-27.
39. 武田哲也・岩崎貴哉・佐藤比呂志・平田直,1999.東北日本屈折法探査データの反射法的処理による地殻下部不均質構造マッピングの試み.地球,27, 56-60.
38. 佐藤比呂志・池田安隆,1999.東北日本の地殻構造と伸張テクトニクス.地球,27,135-141.
37. 平田 直・佐藤 比呂志・岩崎 貴哉・蔵下 英司,1999.反射法地震探査からみた奥羽脊梁山地の地殻構造.地球,27,39-43.
36. 佐藤比呂志・池田安隆,1999.東北日本の主要断層モデル.地球,21, 569-575.
35. Sato, H. and Ikeda, Y., 1999. The seismo-tectonics in Colombia and 1999 Quindio earthquake, In Kagami, H.eds., Reconnaissance report on the 1999 Quindio, central western Colombia, Earthquake and its distasters, 19-30.
34. 佐藤比呂志・平田 直・岩崎貴哉,1999.東北日本の地殻構造と新生代テクトニクス.地球,21,212-219.
33. 山口和雄・加野直巳・横倉隆伸・木口 努・田中明子・佐藤比呂志,1998.立川断層の反射法地震探査.地質調査所速報,活断層・古地震研究調査概要報告書(平成9年度), EQ/98/1,iii,19-26.
32. 東郷正美・佐藤比呂志・岡田篤正,1998.琵琶湖活断層系・堅田断層の極最新期変位について.法政大学多摩研究報告,13,1-22.
31. 岩崎貴哉・朴 成・平田 直・佐藤比呂志,1998.1995年兵庫県南部地震震源域およびその周辺地域における大規模地殻構造探査.地球,21,119-125.
30. 中田 高・島崎邦彦・鈴木康弘・佐藤比呂志・隈元 崇,1998.活断層研究にもとづく大地震発生モデル.地球,20,136-141.
29. 平田 直・岩崎貴哉・佐藤比呂志,1998.島弧地殻の変形過程と内陸大地震の発生機構の解明.地球,20,12-15.
28. 佐藤比呂志・平田 直,1998.活断層の深部構造と日本列島の成立.科学,68,63-71.
27. Imaizumi, T., Ikeda, Y., Sato, H. and Hessami, K., 1997. Surface fault. In Hakino, M. eds., メReconnaisance Report on the damage due to the Quyen Earthquake of May 10., 1997 in Northeast Iranモ, 1.1-17.
26. 佐藤比呂志, 1997. 内陸活断層と地震災害.用地,30, No, 356,38-50.
25. 宮内崇裕・池田安隆・今泉俊文・佐藤比呂志・東郷正美, 1996.1:25,000都市圏活断層図 「東京南西部地区」.国土地理院.
24. 今泉俊文・佐藤比呂志・澤 祥・宮内崇裕・八木浩司,1996.1:25,000都市圏活断層図 「仙台地区」.国土地理院技術資料D.1-No.333.
23. 池田安隆・佐藤比呂志・平川一臣・伏島祐一郎・今泉俊文,1996.1:25,000都市圏活断層図 「札幌地区」.国土地理院.
22. 奥村晃史・井村隆介・杉山雄一・松島信幸・寺平 宏・佐藤比呂志・東郷正美,1996.平成7年度活断層調査研究報告 No.22 伊那谷断層帯の活動様式と活動履歴調査・その2(反射法弾性波探査)(平7補正・要注意活断層調査(1)伊那谷活断層群の調査),地質調査所研究資料集,246,p. 70.
21. 地質調査所・奥村 晃史・井村 隆介・杉山 雄一・松島 信幸・寺平 宏・池田安隆・佐藤比呂志・東郷正美,1996.伊那谷断層帯の活動履歴と活動様式.地震予知連絡会会報,56,434-440.
20. Daligding, J.A., Sato, H., Nakata, T., Tungol, N.M, and Nakamura, T., 1996. Preliminary results of trenching on the Digdig Fault, north central Luzon island, Phillipines. 名古屋大学加速器質量分析計業績報告書(VII),229-235.
19. 嶋本利彦・堤 昭人・川本 英子・宮脇昌弘・佐藤比呂志,1994. 北海道南西沖地震に伴う津波災害と防災上の教訓,地球 号外, 7, 219-231.
18. 佐藤比呂志・吉田武義,1993. 東北日本の後期新生代大規模陥没カルデラの形成とテクトニクス. 地球,  15, 11 (no.173), 721-724.
17. Cas, R., Simpson C., and Sato, H., 1993. Newer Volcanics Province - processes and products of phreatomagmatic activity, Excursion Guide, IAVSEI Canberra 1993, Australian Geological Survey Organization, pp. 96.
16. 嶋本利彦・佐藤比呂志・金川久一・清水以知子・長浜裕幸,1993.地震予知基礎研究としての現実的な断層モデルの確率. 文部省科学研究費重点領域研究「自然災害の予測と防災力」研究報告集録(平成4年度)(文部省科学研究費重点領域研究「自然災害」総合研究班),39-40.
15. 佐藤比呂志,1993.地層を読む眼.UP,22,5 (no.247), 1-7.
14. 山崎晴雄・佐藤比呂志・嶋本利彦,1992.松田時彦教授の業績.地球,号外 松田時彦教授退官記念号 「地質学と地震」,5,1-9.
13. 佐藤比呂志,1992.東北日本中部地域の後期新生代テクトニクス,地質調査所月報,43,1/2,119-139.
12. 佐藤比呂志・土谷信之・天野一男,1989.縁海拡大のテクトニクスと学術ボーリング−青沢層の掘削とその意義−. 学術ボーリングニュースレター, 22,7-8.
11. 佐藤比呂志・天野一男,1988.山形県北西部中部中新統青沢層の掘削とその意義 −日本海拡大時の海洋底玄武岩の掘削−.学術ボーリング候補地集,33-50.
10. 佐藤比呂志・土谷信之・天野一男,1988.日本海拡大時の海洋底玄武岩−中部中新統青沢層の掘削とその意義−.月刊 地球,v.10,No. 4, 251-255.
9. Ogasawara, K. and Sato, H., 1986. Miocene molluscs from the Ustuno and Ginzan Formations, Ou backbone ranges, northeast, Honshu, Japan. Saito Ho-on Kai Mus. Res. Bull., 54, 1-24.
8. 佐藤比呂志,1986.東北地方中部地域(酒田−古川間)の新生代地質構造発達史(第II部).東北大学理学部地質学古生物学教室研究邦文報告no.89,1-45.
7. 佐藤比呂志,1986.東北地方中部地域(酒田ー古川間)の新生代地質構造発達史(第I部).東北大学理学部地質学古生物学教室研究邦文報告, no. 88, 1-32.
6. 佐藤比呂志,1984.応力場と東北日本新生代テクトニクス.構造地質研究会誌, 30,60.
5. 小笠原憲四郎・佐藤比呂志・大友淳一, 1984.山形県新庄盆地北西部の鮮新統貝類化石群集.国立科学博物館専報, no. 17, p. 23 - 34.
4. 佐藤比呂志,1982.”中規模構造”形成過程のモデル化と数値実験ー出羽丘陵の隆起機構を例として−.月刊 地球,vol. 4, no. 1, 56-63.
3. 佐藤比呂志・大槻憲四郎・天野一男,1982.東北日本弧における新生代応力場変遷.構造地質研究会誌, no. 27, 55-79.
2. 佐藤比呂志,1982.出羽丘陵の隆起モデル.構造地質研究会誌, no. 27, 109 - 121.
1. 大槻憲四郎・佐藤比呂志,1980.新第三系硬質頁岩中の" Cleavage ”−概報. 総研『島弧変動』研究報告, N0. 2,93-95.



【Proceedings】

22. 佐藤比呂志・大都市圏地殻構造研究グループ,関東地方のフィリピン海プレート上面の深さ,2005年活断層成果および堆積平野地下構造調査成果報告会予稿集,文部科学省,21-29, 2005.
21. Ito, K., Y. Umeda, H. Sato, N. Hirata, T. Kawanaka and T. Ikawa, Deep seismic reflection profiling in the Kinki District: Shingu-Maizuru line, Program and Abstracts of 2nd International Workshop on Strong Ground Motion Prediction and Earthquake Tectonics in Urban Areas, 31-36.
20. Sato, H., N. Hirata, K. Koketsu, K. Ito, D. Okaya, T. Iwasaki, T. Ito, K. Kasahara, T. Ikawa, S. Abe, T. Kawanaka, M. Matsubara, R. Kobayashi, and Steven Harder, Seismic reflection profiling for prediction of strong ground motion in the metropolitan areas, Japan: Results from Tokyo and Osaka, Program and Abstracts of 2nd International Workshop on Strong Ground Motion Prediction and Earthquake Tectonics in Urban Areas, 25-30.
19. Abe, S., Kurashimo, E., Sato, H., Hirata, N. and Kawanaka, T., Seismic migration of receiver functions for deep crustal structure across the Itoigawa-Shizuoka tectonic line with dense broad-band seismic arrays. Proceedings of the 2nd International Symposium on Slip and Flow Process in and below the Seismogenic Region, Tokyo, Japan.
18. Sato, H., Iwasaki, T., Ikeda, Y., Takeda, T., Matsuta, N., Imai, T., Kurashimo, E., Hirata, N., Elouai, D., Kawanaka, T., Kawasaki, S., Abe, S., Kozawa, T. and Arai, Y., 2004. Geophysical and Geological Characterization of the crust in the northern Fossa Magna, central Japan. Proceedings of the 2nd International Symposium on Slip and Flow Process in and below the Seismogenic Region, Tokyo, Japan.
17. Kawamura, T., Koshiya, S., Miyauchi T., Sato, H. and Ito, T., 2004. Imaging of scatterer and their geological interpretation around the active faults in Japan. Proceedings of the 2nd International Symposium on Slip and Flow Process in and below the Seismogenic Region, Tokyo, Japan.
16. Imai, T., Iwasaki, T., Takeda, T., Kawanaka, T. and Sato, H., 2004. Detailed upper crustal structure across the Itoigawa-Shizuoka Tectonic Line from the 2002 seismic expedition. Proceedings of the 2nd International Symposium on Slip and Flow Process in and below the Seismogenic Region, Tokyo, Japan.
15. Takeda, T., Sato, H., Iwasaki, T., Matsuta, N., Sakai, S., Iidaka, T. and Kato, A., 2004. Crustal structure in the northern part of Fossa Magna region, central Japan, from refraction/wide-angle reflection data. Proceedings of the 2nd International Symposium on Slip and Flow Process in and below the Seismogenic Region, Tokyo, Japan.
14. Ikeda, Y., Iwasaki, T., Sato, H., Matsuta, N. and Kozawa, T., 2004. Seismoc reflection profiling across the Itoigawa-Shizuoka Tectonic Line at Matsumoto, Central Japan: strike-slip faulting on an inclined fault. Proceedings of the 2nd International Symposium on Slip and Flow Process in and below the Seismogenic Region, Tokyo, Japan.
13. Yoshimoto, K., Fujisawa, H., Okada, T., Umino, N., Hasegawa, A., Obara, K., Shiomi, K., Tsukahara, H., Okamoto, S., Kawanaka, T., Sato Hiroshi, Sato Haruo, and Ohtake, M., 2004. Moho and Philippine Sea plate structure beneath the central Honshu island, Japan, from teleseismic receiver functions. Proceedings of the 2nd International Symposium on Slip and Flow Process in and below the Seismogenic Region, Tokyo, Japan.
12. Matsuta, N., Ikeda, Y. and Sato, H., 2004. The slip rate along the northern Itoigawa-Shizuoka Tectonic Line active fault system, central Japan. Proceedings of the 2nd International Symposium on Slip and Flow Process in and below the Seismogenic Region, Tokyo, Japan.
11. Elouai, D., Sato, H., Hirata, N., Kawasaki, S., Takeshita, T. and Takeda, T., 2004. Deep Seismic Reflection Profiling across the Northern Fossa Magna: the ERI 1997 and the JNOC 1996 Seismic Lines, Active Faults and Geological Structures. Proceedings of the 2nd International Symposium on Slip and Flow Process in and below the Seismogenic Region, Tokyo, Japan.
10. Kato, N., Sato, H., Imaizumi, T., Ikeda, Y., Okada, S., Kagohara, K., Kawanaka, T., and Kasahara, K., 2004. Seismic reflection profiling across the source fault of the 2003 Northern Miyagi earthquake (Mj 6.4), NE Japan: basin inversion of Miocene back-arc rift. Proceedings of the 2nd International Symposium on Slip and Flow Process in and below the Seismogenic Region, Tokyo, Japan.
9. Sato, H., Iwasaki, T., Kawasaki, S., Ikeda, Y., Matsuta, N., Takeda, T., Hirata, N. and Kawanaka, T., 2004. Formation and Shortening Deformation of Back Arc Rift Basins revealed by Deep Seismic Profiling across the Itoigwa-Shizuoka Tectonic Line active fault system, Central Japan, Proceedings of the 2nd International Symposium on Slip and Flow Process in and below the Seismogenic Region, Tokyo, Japan.
8. Sato, H., N. Hirata, T. Iwasaki, K. Koketsu, T. Ito, K. Kasahara, K. Ito, T. Ikawa, T. Kawanaka, M. Onish, S. Abe, H. Saito, D. Okaya, T. Kawamura, S. Harder and K. Miller, Deep seismic reflection profiling in the Tokyo metropolitan area for strong ground motion Prediction, Program and Abstracts of International Workshop on Strong Ground Motion Prediction and Earthquake Tectonics in Urban Areas, 79-84, 2004.
7. 佐藤比呂志, 大都市圏地殻構造調査研究における活断層-震源断層システムのイメージング,2002年活断層成果および堆積平野地下構造調査成果報告会予稿集,文部科学省,19-27, 2002.
6. Sato, H., Imaizumi, T. and Yoshida, T., 2001. Tectonic evolution of Nagamachi-Rifu fault, NE Japan. Proceedings of the International Symposium on Slip and Flow Process in and below the Seismogenic Region, Sendai, Japan. 313-317.
5. Sato, H., Iwasaki, T. and Hirata, N., 2001. Recent progress on deep seismic profiling across active faults in Japan. Proceedings of the International Symposium on Slip and Flow Process in and below the Seismogenic Region, Sendai, Japan. 35-42
4. Sato, H. and Yoshida, T., 2001. Excursion Guide, Geology of Western Sendai. Organizing Committee of International Symposium on Slip and Flow Processes in and below Seismogenic region, Sendai, 44 p.
3. Ikawa, T., Kawanaka, T., Kawasaki, S., Hasegawa, A., Umino, N., Nakamura, A., Ito, H., Iwasaki, T., and Sato, H., 2001. Seismic reflection survey of the deep structure of Naganachi-Rifu fault, northeastern Japan. Proceedings of the International Symposium on Slip and Flow Process in and below the Seismogenic Region, Sendai, Japan. 301-308.
2. Sato, H., Iwasaki, T. and Hirata, N., 2002. Significance of imaging of seismogenic and active fault system for earthquake hazard mitigation and recent progress on seismic reflection profiling of active faults in Japan. Proceedings of the First China-Japan Workshop on Earthquake Disaster Mitigation, September 18 -21, 2001, Beijin Chaina, 261-272.
1. Sato, H., Hirata, N., Ikeda, Y. and Iwasaki, T., 1999. Geometry of active reverse fault in Northern Japan. Proceeding of International workshop on seismoteconics at the subduction zone - Toward the breakthrough in the next century-. National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention Science and Technology Agency, Tsukuba, November 29 - December 1, 1999, 209-215.
【著書】
8. 佐藤比呂志,2005,総説-東北日本の地質構造.小池一之・田村俊和・鎮西清高・宮城豊彦 編 日本の地形「東北地方」,pp. 2-19,東京大学出版会.
7. 佐藤比呂志,2005,東北日本の地殻構造.日本の地質2・東北地方(第二版).共立出版.
6. 池田安隆・今泉俊文・東郷正美・平川一臣・宮内崇裕・佐藤比呂志,2002.第四紀逆断層アトラス.254 p., 東京大学出版会,東京.
5. 佐藤比呂志,1996,海域活断層調査.応用地学メート.武田裕幸・今村遼平編,共立出版,PP. 189-191.
4. 佐藤比呂志・山路 敦・土谷信之・大口健志・田口一雄,1989.庄内地域.日本の地質2・東北地方.pp.169-175,共立出版,東京.
3. 佐藤比呂志・天野一男・田口一雄,1989.蔵王−鳴子地域.日本の地質2・東北地方.pp.127-131,共立出版,東京.
2. 佐藤比呂志・山路 敦・石井武政, 1986:新生代東北本州孤地質資料集島孤横断ルート No. 22 (温海ー鶴岡ー尾花沢ー松島). 北村 信編新生代東北本州孤地質資料集, 第3巻−その1−, P. 1-25, 2 sheets, 宝文堂.
1. 佐藤比呂志・山路 敦・石井武政・田口一雄,1986:新生代東北本州孤地質資料集島孤横断ルート No. 21 (酒田ー新庄・真室川ー鳴子ー岩出山ー箟岳).北村 信編 新生代東北本州孤地質資料集,第2巻−その9−,P. 1-13. 2sheets, 宝文堂.