2004東京大学 庄内平野東縁活断層帯の反射法地震探査 調査位置図


期間:2004年6月25日から7月7日

   6月25日 現地集合
   6月26日 展開・テスト
   6月27日 〜 7月5日  観測
   7月 6日 撤収
   7月 7日 離場

場所:山形県東田川郡立川町・余目町

測線長:6Km

仕様:震源 ミニバイブレーター
    受振点間隔 10m 発震点間隔 10m (測線が長いので、東側は進行状況によって20m発震とします)
    受振器 10Hz
    総チャンネル数 180ch


 現地写真


2004年探査写真集