東京大学地震研究所 地震予知研究センター

  • 東京大学地震研究所
  • 地震・火山噴火 予知研究協議会
  • 東京大学
  • Home
  • 地震予知研究センターとは

地震予知研究センターとは

東京大学地震研究所・地震予知研究センターは、地震予知を目指した幅広い分野の研究を行うセンターです。日本の地震予知の研究は、1962年に当時の地震学会の地震学会の有志によって出版された「地震予知 -現状とその推進計画-」1)、通称地震予知のブループリントとそれを受けた形で、測地学審議会が1964に「地震予知研究計画の実施について」2)を関係大臣に建議することによって始まりました。その後、いろいろな歴史をたどり、1995年阪神・淡路大震災が発生し、地震予知を目指した研究の内容も大きく変わりました。1998年に新しい地震予知研究を目指す有志によって新計画が提案されました3)。現在は、地震予知研究と火山噴火予知研究が統合された計画4)が行われています。

地震予知研究センターは、この研究計画とそれに関連する計画、また、地震研究所の運営費や科学研究費補助金基づく学術研究、政府の政策課題解決型の受託研究など、様々なリソースに基づいて基礎研究を行っています。その詳細は、それぞれの研究グループの紹介をご覧になっていただくと詳しく解説されています。
私たちの研究は、地震予知を目指した研究ですが、現在のところ、残念ながら、一般的には地震予知は防災に役立てることのできる実用技術にはなっていません。唯一の例外は、気象庁が行っている「東海地域の地震」の予知だけです。これについても、必ず予知ができるとは限りません。2011年3月11日に東北地方太平洋沖で発生したM9.0の超巨大地震は日本の観測史上最大の地震で、このような地震が、東北地方太平洋沖で発生することを予測することはできませんでした。地震予知研究センターでも、この地震についての研究を進め、将来他の地域で起きる可能性のある巨大地震の発生の仕組みを理解する研究を進めています。また、日本列島内陸部で発生する地震は、人々が暮らしている場所の近くで起きるため、しばしば大きな災害となります。こうした地震の発生の仕組みを理解することも、地震発生を予測するためには重要なことです。

この研究のためには、地震学だけではなく、測地学、地球電磁気学、地質学など様々な分野の研究者が共同して研究を進める必要があります。地震予知研究センターでは、そうした観点から、多くの分野の研究者・学生が研究活動を行っています。
地震予知研究センター長
平田 直
  • 1) 地震予知計画研究グループ(世話人 坪井忠二,和達清夫,萩原尊礼), 1962,「地震予知 -現状とその推進計画-」.この文献は,例えば,つぎの図書に収録されている.力武常次,2001,地震予知 -発展と展望―,日本専門図書出版.
  • 2) 測地学審議会,1964,地震予知研究計画の実施について(建議)
  • 3) 地震予知研究を推進する有志の会,1998, 新地震予知研究計画 -21世紀に向けたサイエンスプラン-
    http://wwweic.eri.u-tokyo.ac.jp/yoti-kenkyu/
  • 4)科学技術・学術審議会、地震及び火山噴火予知のための観測研究計画の推進について(建議)
    http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/20/07/08071504/002.htm
ページの先頭へ戻る